多重債務での自宅売却とは|資産価値の高いエリアで不動産を購入|早めの行動が良いでしょう
部屋

資産価値の高いエリアで不動産を購入|早めの行動が良いでしょう

多重債務での自宅売却とは

一軒家

多重債務を抱えることで自宅を手放す人は福岡にも多くいます。住宅ローンに他の借金を抱えて、返済はほぼ不可能とあれば自己破産も考えることになります。福岡でもそのようなケースはありますが、そこで検討したいのが任意売却です。自己破産すれば全ての資産は失うことになるので、わざわざ売却する必要もないと考えるものです。けれども自宅のような資産を持っている場合、自己破産するためには相当額の手数料を弁護士に支払うことになります。そもそも借金を抱えているので、そのようなお金は捻出することはできないものです。そのために、まずは自宅を処分することが必要となります。また福岡には任意売却を手がける業者が多くありますが、他の借金の相談をできる業者もあります。

任意売却で最も大切なことは、自宅を売り払った後の生活の再建です。住むところを無くした上に、払いきれない住宅ローンなどを抱えることになります。もちろん、自宅を手放した後に自己破産するのもひとつの手段です。けれども任意売却専門業者では、他の借金を考慮した返済を考えてくれるところがあります。福岡ではそのような業者もあるので、安易に自己破産する前に一度相談してみることが大事です。債権者も無理に返済を迫って自己破産されるよりも、少しでも債権を回収したいと願うものです。無理なく借金を返せるようにしてくれるのであれば、健全に生活を立て直すことができます。そこでまずは、諦めることなく任意売却の相談をしてみることが大切です。