借りた土地を売る権利とは|資産価値の高いエリアで不動産を購入|早めの行動が良いでしょう
部屋

資産価値の高いエリアで不動産を購入|早めの行動が良いでしょう

借りた土地を売る権利とは

レディー

地主の許可が必要

個人や事業者が建物を建てるために土地を借りる権利を借地権といいます。この借地権は売買や譲渡が可能だということは意外と知られていません。新しい法律ができて借地権の売買は昔に比べて随分容易になっているのです。借地権の売買や譲渡には必ず地主の承諾が必要です。しかし売りたいのになかなか地主の承諾が得られない場合もあります。その場合は買い主がいれば裁判所が地主に代わって代諸許可を出すこともあります。しかし裁判所は最終手段となるため、そこまで大げさにしたくないと考える人も多いのです。また買い手がうまく見つからない場合もあります。地主との交渉を進めたり、買い手を見つけるために不動産会社では相談にのってくれます。

不動産業者の買取

中には地主との契約の際に借地権の売買は不可などという条件を出される場合もあります。また建物を壊して更地にしてほしいという要望を買い手から出されるケースもよくあります。しかし家を解体して更地にするにはかなり費用がかかるのです。そのため借地権の売買を諦めてしまう人もいます。不動産会社のなかには相談だけでなく借地権の買取サービスをしているところもあります。地主の許可がなくても借地を買い取ってくれるのです。ボロボロの家が建っていても更地にする必要もありません。不動産会社は土地の査定や相談なども無料で行ってくれます。借地は通常の土地に比べて買い手を見つけるのは大変です。借地権を売るなら不動産会社に相談するのが最も良い方法です。